2018年09月18日

はじめてのウオッチ型スマートデバイス

IMG_20180908_212339.png
アップルウォッチなど、試してみたいんだけど「スマートウォッチって どうなの?」気軽に試すには高額だし、買っても使わなくなったという人も居るし…Amazonで訳のわからない安モノ買うと 通知が来なかったりするらしいのです、通知が来ないなんて本末転倒じゃありませんか!
手を出すのを躊躇していたら中国の通販サイトGEAR BESTからXiaomiが最近出したMi Band 3がセールで22ドル99(2,574円)だよ!というメールが来たのでポチってみました。(Amazonで買ったらMi Band3は5,000円くらい)

IMG_20180908_212448.png
サイズ感はこんな感じ、0.78インチ有機ELタッチスクリーンです。(ちなみにコレはシールが貼られた状態です)

IMG_20180909_165705.png
マニュアルは中国語のみですが、マニュアルなんて見ないから問題ない。

Mi Band 3で何ができるのか 大まかに説明すると…
・メール、LINEなどのノーティフィケーション(通知)とディスプレイに内容を少し表示。
・天気予報 (今日、明日、明後日)。
・睡眠の時間や眠りの質などを計測。
・心拍数の計測(アップルウォッチは心電図らしいね)。
・アクティブトラッキング。
・タイマー リマインダー。
・デスクワークで座ってばかりの際に警告。
・みんなも有ると思うが、たまに焦る「スマホどこに置いたっけ? あれ?あれ?無い!」の際にMi Band3からの操作でスマホのアラームを鳴らして発見できる機能。
などなど。とにかくアップルウォッチと違ってバッテリーの持ちが良く カタログでは20日。

IMG_20180908_212617.png
購入当時は中国語表示でしたが、コイツとBluetoothで連携するスマホのアプリは日本語なので問題なく使えていましたし…アップデートによりMi Band3本体も日本語対応されました!

IMG_20180916_081251.png


休前日の だらしない夜のワタシの睡眠ですが、アプリ画面ではこの様に確認できます。

IMG_20180916_081322.png
注意されたり褒められたりします。これが結構良い感じで 気をつけるようになりました。

IMG_20180908_212807.png
黒いシリコンベルトは簡単に交換できます。地味で気に入らなかったので他の色を中国に発注しました。

領域のキャプチャ 12.png
IMG_20180918_162845_0.png
換えのベルト3本、失くしそうな専用充電アタッチメント1つを注文。合計金額289円送料無料、注文から8日で我が家のポストに届きました。Amazonでは1,000円で売ってる所もあるようです。

IMG_20180918_163428_4.png
激安シリコンベルトはオリジナルよりも機械の装着がキツめでしたが問題無いレベル。

IMG_20180918_163601_2.png
ベルトを白くしただけでスポーティーになるから不思議です。手首に軽い振動と画面表示で通知が来るので いちいちスマートフォンを出さなくても良いのです。

しょうもないメールが来たのも知らず、慌ててポケットからスマートフォンを取り出そうとしてスマホを落とし、画面を割ってしまったワタシの様なうっかりさんにはマストアイテムです!
posted by デコポン at 23:32| Comment(0) | home electronics | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: